蛤(ハマグリ)

なぜハマグリが家紋に?と思われる方も多いと思いますが、二枚の殻をもつ貝の中でも特に殻がぴたりと合わさることから、夫婦円満の縁起物として扱われたことが理由だと言われています。

図柄もすごくわかりやすく、まさに貝そのもの。
二枚の殻は開いているのではなく、ぴったりと合わさったところを正面から描いた文様です。

ページのトップへ戻る