肝炎訴訟の費用

特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法というものがあります。これは、過去に幼少期の集団予防接種などが原因でB型肝炎ウィルスに感染してしまった被害者の方が、国に対して裁判を起こして、和解を得ることができれば、国から給付金を受け取れることができる法律です。

この法律には、効力の期限が決まっています。平成24年1月13日から平成29年1月12日までの5年間です。そのため、国に対して請求できる期限があります。

訴訟費用は、依頼する弁護士事務所によって変わってきます。国と和解ができますと症状により50万円から3600万円までの給付金及びその4%の弁護士費用を受け取ることができます。

ページのトップへ戻る