お香

お線香やお香を利用したことがありますか?

香木の種類には白檀、沈香、伽羅などがあります。使い方としては、燃焼させて香りを楽しむのが一般的です。 好みに合わせて、刻んで燃やすこともあります。

沈香は、正式には沈水香木と呼ばれ水に浮かべると比重が重く沈む事から名づけられました。香りの種類、産地などからいくつかの種類に分類されますが、その中で特に質の良いものを伽羅と呼びます。一時は乱獲されたことから、ワシントン条約の対象品に指定されています。

香木の中でも有名なのが白檀。熱を加えない限り香りを発しない沈香と異なり、白檀は生の状態でも香りを放ちます。昔から扇子や彫刻などの素材として使われてきました。

お部屋の中をいい香りにしてくれるルームフレグランスを使って、お部屋いっぱいにいい香りを満たす事もできます。インテリアをおしゃれに飾るだけではなくて、香りにこだわる人も増えています。

そして、お部屋の中をいい香りで満たしておきたいならお香もおすすめです。お香はほのかな香りがするため、香りがきつすぎる事がないので使っていると、心地いい香りに癒される事でしょう。人工的に作られた香水の様な香りの物もありますし、自然の香木の様な香りの物もあり、いろんな香りが楽しめます。

ページのトップへ戻る